NEW POST

TinyHouseと小さな家

先日モスバーガーで、ちょっと前の日経トレンディを読んいたら、今年のトレンド(もう去年ですが・・・)のランキングのようなものが載っていて、その欧州・米国編の第一位が「タイニーハウス」でした。
(WEB上にも記事がありました。)

流行りに疎いので、アメリカやヨーロッパでそれほどのトレンドになっているとは思っていなくて、驚きました。
(ちなみに日本のランキングに入っているものも、ほぼすべて知りませんでした・・・。)

単なる流行りということで終わらずに、世界中でもっと大きな流れになればいいなと思います。

流行りとは言ってもアメリカの場合は、1920年代に始まった「トラベル・トレーラー」から、戦後の「ハウス・トレーラー」、1950年代からの「モービル・ホーム」へと脈々と続く「タイヤのついた」小さな家の系譜は続いていたわけで、広い国土とモータリゼーションの国らしく、どちらかというと「動く家」へのこだわりを持ち続けてきたように見えます。

日本の場合は戦後、復興期の急激な住宅需要や土地の狭さなど、日本的な事情のなかで、増沢洵さんの「最小限住居」(1952年)を始めとする実験的な小住宅の試みが続いてきています。

日本もアメリカもそれぞれ別の歴史を経ながらも、国際的にリンクする環境や経済の問題が山積するなか、ここにきて「小さな家」に向かう同じような流れができつつあるようです。

これが国内で本格的な流れになるためには、それなりの法整備が必要になってくるでしょうし、ユーザーの側からすると、日本的な「家ができる世界」の仕組みに疑問を持つ事から始まるのかなと思います。

自分にできることを、少しずつやっていこうと思っています。
b0353494_08563247.jpg

by krd_aa | 2018-01-12 10:22 | ・建築 | Comments(0)

自分で設計し、小さく始めた小さな家の記録です


by krd_aa