NEW POST

土をつくる

土なんて地面を掘ればそこにあるものだと思っていました。


ところが、我が家のある辺りは大昔はほとんど大井川の河原だったような地域。

掘れば掘るだけ石が出てきます。ほぼ石と砂利のみ。有機物としての土はほとんどありません。

鍬をふるたび石をたたき、火花が飛び散りました。


ですから、この2年半ほどは庭をつくりながらの「土づくり」の日々。

外から「箱根土」などを多少持ち込みましたが、基本的には手間暇かけて少しずつつくってきました。

抜いた草や枯れ葉、枯れ枝などを積んで腐葉土をつくり、それを痩せた土にすき込む。その繰り返し。


先日何箇所か空いた場所を掘り返してみました。

フカフカの「土」になっていました。ミミズが何匹もくねくねしています。何かの幼虫が眠っています。
b0353494_07481212.jpg
自分など、消費や破壊をするばかりの存在だと思っていたのですが、わずかですが、はじめて「創造」できたかもしれません。

もちろん太陽や雨や虫や微生物の力を借りてなのですが。というか、ほとんどそのおかげです。

でも、命の気配すらなかった砂礫の固く締まった「地盤」を、虫のうごめく命の土壌にできたことは少し誇らしく思っています。



[PR]
by krd_aa | 2017-11-09 08:19 | ・庭 | Comments(0)

自分で設計し、小さく始めた小さな家の記録です


by krd_aa