NEW POST

庭に降る

梅雨入りした途端日照りが続き、水道代も心配になってきて、そろそろ雨乞いを・・・、と思っていた頃、ようやくパラパラと降り始めました。
b0353494_15341392.jpg
雨は、もはや庭への「散水」。


旅行の日程なども含め、いろんな事を「庭」基準で考えるようになってきました。

カレル・チャペックの本で以前読んだことが、本当にその通りになりました。

ものの考え方がすっかり変わってしまう。雨が降ると、庭に雨が降っている、と思う。日がさしても、たださしているのではない、庭にさしているのだ。日がかくれると、庭がねむって、今日一日のつかれをやすめるんだ、と思ってほっとする。  (「園芸家12カ月」 カレル・チャペック 作  小松太郎 訳)




[PR]
by krd_aa | 2017-06-18 15:42 | ・庭 | Comments(0)

自分で設計し、小さく始めた小さな家の記録です


by krd_aa